いいところも悪いところも踏まえた養毛剤ランキング

頭皮の状態を改善させるのが、養毛剤と言われるものです。主に保湿、抗菌、消炎などと言われるものがあります。養毛剤にも主に「毛を生えさせるタイプ」と「抜け毛を抑えようとするタイプ」の2パターンがあるのです。特に前者の「毛を生えさせるタイプ」については、育毛剤や発毛剤とほとんど同じ効果を持っている場合もあります。製品によって、頭皮に与える影響力も変わってくるので、自分の症状を見てもらい絶大な効果を出してくれそうな養毛剤を選ぶ必要があるでしょう。

養毛剤と似た言葉で育毛剤と呼ばれるものもあります。 正直、違いはあまりないと言っている人もいますがハッキリとした違いが存在します。まずは品別の違いです。養毛剤は化粧品の区分として扱われているのが多いですが、育毛剤と呼ばれる製品は医薬品や医薬部外品に指定されているものもたくさん存在します。そのため養毛剤と比較してより大きな効果を与えてくれる場合も多いです。しかし、逆に言うと育毛剤を使用することで「副作用」が現れるケースも存在します。例えば、頭皮に湿疹が出る。体のだるさを感じる。急にフラフラし出すと言うような症状も報告されているのです。なので効果が出やすい製品を安易に購入するのはおすすめできません。購入時には、必ず医師や薬剤師に相談をした後に使用することが大事です。頭皮や髪が軽度の症状であれば養毛剤、中度以上であれば育毛剤を使用するという風に分けると良いでしょう。インターネット上でも頭皮のヘルスケアチェックをやっているサイトもあるので、ぜひ試してみてください。

養毛剤ランキング

  • バイタルウェーブスカルプローション

    【名前】バイタルウェーブスカルプローション
    【価格】単品料金:税込11880円、定期料金:税込1本あたり1、2回目8280円、3から6回目8080円、7回目以降7980円
    配合成分数→33種類
    【売りにしている成分】キャピキシル、リンゴ幹細胞、リデンシル、カゴメ昆布フコイダン、モウソウチクたけのこ皮エキス、成長因子(馬プラセンタ、EGF、FGF、IGF)

  • チャップアップ

    【価格】単品料金税込:7400円、2本セットで税込12000円、定期料金:チャップアップ1本とサプリメント1箱セットで1ヶ月税込9090円、チャップアップ2本とサプリメント1箱セットで税込13840円
    【配合成分数】育毛成分3種類天然植物成分47種類
    【売りにしている成分】センブリエキス、グリチルリチン酸、ジフェンヒドラミンHCの育毛成分3種類と47種類の天然植物から抽出された成分、15種類のアミノ酸

  • フィンジア

    【価格】単品料金:税込12800円、定期料金:税込9980円<1度注文した後に中止してもOK>
    【配合成分数】10種類
    【売りにしている成分】キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン、髪の成長効果を期待できる10種類の成分(センブリ、パンテノール、ビワ葉、ボタン、フユボダイジュ花、褐藻、グリチルリチン酸2K、ヒオウギ、キハダ樹皮、ヒキオコシ)

  • ザスカルプ5.0c

    【価格】単品料金:税込15000円、定期料金:税込10000円<定期コース初回については税込4980円で購入可>、定期コース4から7回目は税込9500円、8から11回目は税込9000円、12回目以降は税込8500円
    【配合成分数】41種類
    【売りにしている成分】キャピキシル、ローエタノール、マイナスイオン水、ゴールド、プラチナ、発酵熟成プラセンタ

  • Deeper3D

    【価格】単品料金:税込14100円<ただし11月8日時点の金額で定価14850円から割引された状態>、定期料金:2本目税込13360円、3本目税込12620円、4、5本目税込11880円、6から8本目税込11130円、9本目以降税込10390円
    【配合成分数】42種類
    【売りにしている成分】キャピキシル、リデンシル、髪を成長させる8種類の因子が合わさった「グロースファクター」、モンゴロイド3大成分(イラクサ、ユッカグラウカ、ヒポファエラムノイデス)、黒しょうがエキス

  • ボストンスカルプエッセンス

    【名前】ボストンスカルプエッセンス
    【価格】単品料金:税抜14800円、定期料金:1本税抜12800円、2本購入税抜24800円<それぞれ3回以上継続>
    【配合成分数】31種類
    【売りにしている成分】キャピキシル、ピディオキシジル、フラーレン、天然植物エキス6種類(アカツメクサ花、モウソウチクたけのこ皮、アマモエキス、褐藻、カツミレ花、グリチルリチン酸2K)

養毛剤と一言で言っても、正直製品によって色々と違いがあります。使う人によって好みも分かれますし、効果の出方も変わってきます。そのためには、どういう観点で養毛剤を使いたいのかハッキリさせておくことも大事です。匂いや液剤の形状まで色々な内容を参考にすると良いでしょう。また、養毛剤は長期間使用するものになるので、なかなか早い段階では効果が現れにくいと言われています。一度使う製品を決めたら長期間継続することも大事になってくるのです。ぜひ前向きに取り組んでみてください。

養毛剤以外で髪を増やす対策でなにをする?

養毛剤は毎日塗布するだけで効果が現れるものですが、やはりそこには個人差はあり、効果が出ない人も一定程度存在します。そんな場合、養毛剤だけの対策だけでなく、他の対策を併用することで、効果を出せる場合があります。薄毛になる原因というのは、このサイトによると、単に加齢による髪の成長が弱っているだけでなく、生活習慣や、ストレスの蓄積といったことでも起こりうるものです。そんな状態の身体にいくら養毛剤をふりかけても、原因がある以上改善する可能性が極端に低くなりますよね。そんな場合は、日常の行動として、ストレスを解消する行動を加える、睡眠時間を長めにとる、髪の成長に必要な栄養を摂取するなどの対策を行うようにしましょう。また、頭皮の血行不良も原因の一つ、養毛剤をつけた後には、ツボ押しなどを意識したマッサージをおこなうことで、一時的な血流改善をもたらすことができます。いまいち養毛剤を使っているけど、薄毛が改善しない…という方はこのような対策方法も検討してみてはいかがでしょうか?

ページのトップへ戻る