いいところも悪いところも踏まえた養毛剤ランキング

フィンジア

フィンジア
  • 名前
  • フィンジア

  • 価格
  • 単品料金:税込12800円、定期料金:税込9980円(1度注文した後に中止してもOK)

  • 配合成分数
  • 10種類

  • 売りにしている成分
  • キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシン、髪の成長効果を期待できる10種類の成分(センブリ、パンテノール、ビワ葉、ボタン、フユボダイジュ花、褐藻、グリチルリチン酸2K、ヒオウギ、キハダ樹皮、ヒキオコシ)

最大の特徴(いいところ)

年齢による頭皮の状態を考えながら開発された製品だと言えるのが「フィンジア」です。この製品は加齢によって頭皮が固くなっても効果が出やすいように「カプサイシン」が含まれています。毛穴が開きやすくなるので薬剤も奥にまで浸透しやすくなります。眠っている潜在的能力を再度目覚めさせるということをポリシーにしているのです。さらに「キャピキシル」と「ピディオキシシル」も配合されているので、育毛・発毛に効果的に働いてくれるでしょう。しかも、副作用もあまり感じないと口コミでも言われているので、安心して使うことができますよ。

おすすめしたい対象者

安く済ませたいという人にピッタリな製品です。定期購入をすることで、9980円(商品価格)と1万円未満で購入をすることができます。しかも、キャピキシルやピディオキシシルと呼ばれるものは高価なのにも関わらずこの値段というのは、なかなか見かけません。しかも、口コミでもあるように購入してもなかなか届かないということも言われています。それもそのはず。時々生産が追い付かなくて販売見合わせにもなっている人気商品なのです。カプサイシンの力で、毛穴が開いていると感じることもできるのでとても高い満足感を味わうこともできるでしょう。

逆に欠点だと思うポイント

アルコール臭のような匂いは多少あるかもしれません。普段お酒をあまり飲むことがない人にとっては、「ツーン」と来る匂いでウォッカに近い匂いだと口コミもあります。塗りすぎると匂いが部屋全体に充満する場合もあるので注意です。さらに内容量も50mlとかなり少なめになっていて、1日換算すると300円を超えてしまうので、若干の割高感も否めません。使うときに用量を守って正しく使用することがポイントとなるでしょう。スポイトなどで液剤をつかうと良いでしょう。

ランキング理由

フィンジアの順位は3位です。メーカーの生産が追い付かなくなるときもあるぐらいなので、多くのユーザーが愛用しているのが予想できます。さらに高価な成分を使っているのにも関わらず、定期購入をするだけで9980円になるのも魅力的です。定期購入時の初っ端から2割近く安くなるというのは、なかなかありません。しかも購入本数について条件も定められていないので、安心して定期購入を申し込めるでしょう。ただ内容量は少ないので、そこをマイナスポイントとしました。

ページのトップへ戻る